怪我もしも交通事故の被害にあってしまったら怪我をしてしまいます。そのあとに一定期間の治療をしたのにも関わらず完治の見込みがないことを後遺症と呼びます。交通事故のケースはたいていの場合、保険会社がお金を払うので何かの後遺症になっていればいいというわけではなく、後遺障害と認めてもらうことで、お金が支払われることになります。そのため、後遺障害と認めてもらうことが重要になります。

後遺障害として認めてもらうには、これ以上の治療しても良くならないと医者が判断した後に、自賠責調査事務所に対して後遺障害等級の認定を申請します。そして等級認定されることによって後遺障害が残ったことになります。交通事故による昇給の等級は1級から14級までわかれており、合計で16等級あります。その中でもいくつも症状別に項目がわかれていて、該当することによって障害等級が獲得することができます。

上位の後遺障害認定等級を獲得するためには被害者請求を行うことが大切です。被害者請求は自らが主張する書面を揃えてから申請できるため、相手の保険会社の手続きよりも正確なものを出せます。また、後遺障害等級認定に対して適切なポイントを抑えた書面でなければ等級認定がされないことになります。そこで交通事故の被害者請求に慣れている経験豊富な弁護士に依頼することが必要になります。