書類交通事故による怪我の後遺症が残ることを弁護士に相談することにどのようなメリットがあるのでしょうか。弁護士に相談することのメリットを説明します。メリットの1つ目としては被害者の人が必要な書類を自分で集めるための負担が軽くなる点があげられます。後遺障害の申請を自分で行う場合には必要な書類を自分で集める必要があります。また、そのような理由は色々あり、ただでさえ身体が大変な中で資料を集める負担は弁護士に依頼することによって大幅に軽減されます。

また、弁護士に依頼をした場合には後遺障害の等級認定に有利になるような資料を添付して申請をしてもらえます。自分で行うよりも等級が上のものが認定される可能性が高まります。後遺障害の申請を自分で行う場合にはどのような資料をつければ等級認定が有利になるのかわかっておらず、そのような情報を集めることや、書類を作ることが困難だと言われています。

また、強制保険による後遺障害の認定は書面審査のため、診断書の記載内容や記載方法が等級認定に大きく影響していきます。弁護士に依頼をした場合には弁護士が主治医の先生に診断書の作成を依頼して追加の検査を依頼、そこで修正点がある場合に修正の依頼をするので安心です。